犬の整体

愛犬にいつまでもお散歩を楽しんでほしい」

犬と暮らしていて、ふと老化のサインに気づいたことはありませんか?
一般に小型犬・中型犬で10歳、大型犬で7歳頃から、老齢期を迎えると言われています。

犬は人より老化のスピードが早く、10年前と比較すると寿命も伸びています。
最近は犬の介護という言葉も珍しくなくなりました。

病院に行くような明らかな疾患がなければそのまま見守ることもできますが
日頃からケアをして、できるだけ長く自分の足で歩くことができるとしたら、
最期を迎える間際までお散歩に行くことができるとしたら
与えられた犬生はきっと楽しいと思うし、飼い主にとっても嬉しいことではないでしょうか?

これって老化のサインかも・・

・散歩中につまづくようになった
・それまで平気で飛び乗っていた椅子に乗れなくなった。

・散歩中よろける回数が増えた
・椅子に乗ろうとしなくなった
・明らかに歩くのがゆっくりになった

・後ろ足で踏ん張れず自力で立ち上がれない
・立ち上がってもすぐに転ぶ
・尻餅の状態で同じ場所から移動できない、前足だけ動かして同じところを回ってしまう


以前飼っていた犬がまさこうでした。もう年だから仕方がないね、と思いつつ過ごしていました。
何か特別なケアをしていたわけではなかったので、脚の不調はだんだんとはっきりしたものになっていきました。

ただお散歩は大好きで、外に出ると表情がいきいきと輝きはじめます(歩けないのに)。
自分の足で行きたい場所に行けたらもっと楽しいだろうなぁっといつも思っていました。

お散歩によるウェルネス(人も犬も)

歩けることはそれだけで程よい運動になります。
外に出ていろんな匂い、音から刺激を受けることもできるでしょう。
歩くことの必要性、その恩恵は人間と何も変わらないと思います。




Nadiではいつまでも歩ける四肢を目指す、犬の整体マッサージを行なっています。
お問い合わせよりお気軽にご相談ください。
※現在、ご予約は直接の面識のある方、またはご紹介のみとさせていただいています。