Vataの季節

冬本番。暖冬とはいえ、空気は乾燥して冷たいし、手はカサカサ荒れやすい!
寒さが苦手な私ですが、澄んだ空気は遠くの景色まで見渡せて清々しい季節ですね。

冬はヴァータ(vata)の季節です。

この世界を構成する5大元素(空・風・火・水・土)のうち、「空」と「風」のエネルギーが自然界に増える時期。

澄んで、軽く、微細な「空」の質と、
乾いて、冷たくて、粗く、動きのある「風」の質が私たちの心身に影響します。

冬に肌や髪の毛が乾燥したり、手足に冷たさを感じたりするのは、この「ヴァータ」のエネルギーが増えすぎてしまうから。
バランスを整えて、できるだけ快適に過ごすには、乾き物、生ものは避け、温かくて湿り気のある調理された食事を食べること。お風呂で体を温めて、ゆっくりオイルマッサージするのがオススメです。

“似たものは似たものを増やし、反対のものは、調和する”
アーユルヴェーダのルールはとってもシンプル。

こうやってアーユルヴェーダというレンズで世界を覗くと、目の前の出来事が俯瞰して見えてきて、その時自分に必要なことを知る手がかりになります。なにより地球の営みの中に生きているなぁ〜っと実感が湧いてくるのです。